NEXT EVENT

artPotluck Award大賞受賞展 岩崎ナギ個展

<artPotluck Awardより総評>
artPotluck Awardは岩崎 ナギ (Iwasaki Nagi)さんを選ばせてもらいました!
ファイナリストの作品はどれも甲乙付けがたかったのですが、
いま見て欲しい作家さんを選びました。
どんな不条理も笑い飛ばす作品です。
6月の個展を楽しみにしていてください。

About Exhibition

artPotluck award 2019 大賞受賞記念

岩崎ナギ個展『7日目』

光あれ!時代は叫んだ 夜からの出発のような6日目の終わりに

 

企画:中田輝昭|主催:artPotluck project

 

2020年613[土-28[日]

[火曜-土曜]12:00-19:30

[日曜]12:00-17:00

月曜定休/入場無料

会場:kanzan gallery/〒101-0031 東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

http://kanzan-g.jp/access.html

 

ONLINE TALK EVENT|6月15[月]19:00-21:00

岩崎ナギ(水彩画家)× artPotluck実行委員

トピック: artPotluck Vol.11 時間: 2020年6月15日 07:00 PM 大阪、札幌、東京 Zoomミーティングに参加する 参加URL

ミーティングID: 791 4425 4201 パスワード: 2hymd9

 

[展覧会概要/Exhibition summary]

岩崎ナギ artPotluck award 2019 大賞受賞記念個展です。

3密を避け必ず開催致します全ての方を歓迎です。

3名までの同時入場と致します(4壁面のため)。 皆さまの温かいご理解とご協力に深く感謝です。

It’s IWASAKI Nagi’s artPotluck2019 Awarded Show. We must keep our Social Distance & Open the Show. At the same time, we WELCOME Everyone for sure. 3 audience the MAX in the same room of our gallery. Since there are 4 walls and we can share one by one. Thank you for understanding & cooperating, friends.

 

展覧会の主旨は「夜から出発して朝を目指す旅」です。 苦しみの6日目から7日目に渡り8日目を目指します。
1週間の1単位は7日で8日目は新たな希望の始まり。

The theme of this Show is “Our Journey from Night to Morning”.
We are departing painful Day 6, passing Day 7, reaching Day 8. 7 is a unit of a week & Day 8 is the Day starting the new Hope.

 

岩崎ナギは図像学の中でも特に6日目7日目8日目に着目する画家。 苦しみから希望を見出し歩いて行く事自体が人生の象徴だからです。 この時代にこそ希望を描いた作品を皆さんにご覧頂きたく思います。 いつでも全ての方のために門戸を開き歓迎する事を約束いたします。

2020年5月11日(月)5+1+1=7日目の日に 岩崎ナギ

IWASAKI Nagi particular focus on Day 6, 7, 8, inside iconography. As the walking toward Hope from sorrows is the symbol of our life. Nagi aims all his friends around the world can see his Art of Hope. He pledges he opens his doors for everyone and anytime you need.

Monday May 11, 2020 means 5(May)+1+1= Day 7, IWASAKI Nagi

[プロフィール/Profile]

岩崎ナギは166黒目黒髪小柄日本人の水彩画家で日本最古の京都芸大を卒業し、 日本最古の公募団体の一つ日本水彩画会の会友であるが「世界最速」分野を持つ。

ただ当該の「世界最速」の絵画理論には「致命的な欠点」があり長年解けなった。 まず2007年に画家宣言し2016年くらいから「想像した落書き」という、 誰からも盗む事もなく誰かが語らなくてはならない小歴史を描いていたのだが、 描いた落書きが想像である事を『どう証明するのか』3年も解けなかったのだ。

2019年1月27日7時22分NHKラジオ「歓待する文学」小野正嗣氏の説明が続く。 『シャルマは注意深く言葉を選択する作家だが「ファミリーライフ」に於いて1節だけ、 2回『お兄ちゃん死なないで』とあり劇中少年の叫びでありシャルマ自身の叫びである・・・』 その瞬間『これだ!』日曜日の岩崎ナギも叫んだ。 『「想像の落書」部分に左から右の光が射し「周縁」の壁に右から左の光が射すならば、 双方を岩崎ナギが描いたとしても画中の落書は想像である事を担保できる!』 ポアンカレ予想が解けた時のように「想像の落書」証明を岩崎ナギが3年ごしに解き、 各方面からの『どう証明するのか』の疑問に答え世界最速の絵画は産み出されたのだった。

 

IWASAKI Nagi is a small, 166cm or 5.5feet, black hair, brown eyes, Japanese.

Nagi has “The World Fastest” field as a Watercolor Artist though also a member of the oldest Japanese Art group, JAPAN WATERCOLOR, and graduated KCUA or Kyoto City University of Arts, the oldest Art Univ. in Japan.

Anyway This “The World Fastest” issue had had a fatal fault unsolved for a long time. Nagi declared “Artist Declaration” in 2007, and started thinking “Imagination Tagging” from 2016 to speak “Small Histories”, someone has to talk & no one steals from the towns. However how could he prove all were from only his imagination? He’d struggled 3 years.

7:22 Jan. 27 2019, NHK Radio "Welcoming Literature", ONO Masatsugu was saying, “Sharma is a novelist selecting his words carefully but in “Family Life”, just 1 sentence, he repeats twice,“Brother-life,” It’s a cry of the boy in the book and Sharma’s, too...” “That's it!” even Nagi cried at that moment of Sunday,

“I can prove it’s my imagination when my tagging has the light come from left to right, and the wall around it has its shadow from right to left, even if I painted both of them!” Like the solving moment of Poincaré conjecture, Nagi solved this test in 3 years’ keeping. And he invented “The World's Fastest” Art with answering the question for everyone; “How to prove if it’s the imagination?”

 

 

[展示/Shows]

2020年・artPotluck大賞受賞・賞として6月13日(土)~28日(日)東京千代田区「カンザンギャラリー」で個展決定

2020年・インド・コタ大学InWatercolor・入賞・招待作家として実演

2020年・岩崎ナギ個展「Hard-Boiled018令和」大阪淀屋橋AMRITA

2020年・IWS(国際水彩)ポーランド&ウクライナ合同水彩展入選・1年巡回

2020年・第10回・日本芸術センター絵画公募展・入選

 

2019~12年・パリ「サロン・ドートンヌ」個人応募6回入選シャンゼリゼ通り展示

2019~08年・東京都美術館「日本水彩展」08~17一般応募として10連続入選

同17年に会友推挙。18、19年は会友として無審査出品

2019、2017年・「上野の森美術館大賞展」入選、同美術館展示

2019、2017年・IWSインドネシア入選、バリ島およびジョグジャカルタ展示

2019、2016年・ブルガリア水彩トリエンナーレ入選と入賞、1年同国中を巡回

2019~2015、IWSアルバニア水彩ビエンナーレ入選・国立歴史博物館展示

2019~2017年・イタリア・ウルビーノ水彩祭、選抜、実技、および児童指導

 

2018年・ダライ・ラマ師83歳お誕生日行事、招待作家として講話拝聴

2018年・IWSマレーシア水彩ビエンナーレ入賞・クアラルンプール展示

2018年・IWSコスタリカ水彩ビエンナーレ入選・サン・ホセ展示

2018年・岩崎ナギ個展「ゲームチェンジャー」大阪梅田ExaArt

 

(略)

 

2014年・「岩崎ナギ目的」確立(以下)

「世界一の明るい水彩を通じて、世界一の明るい希望を共有し、

自己、他者、社会を心から明るくする事で、世界一の愛を実現して行く。」

 

(略)

 

2007年・岩崎ナギ「画家宣言」・倍率75倍の第6回TIS公募(東京イラストレーターズ・ソサエティ)に入選「国立新美術館」に展示した事をキッカケに決意する。

 

(略)

 

2001年・京都市立芸術大学卒・卒業制作に対し中井賞授与

 

2020: No.1 Award “artPotluck”, Offered Solo Show, Jun. Sat.13 to Sun. 28 Kanzan Gallery, Chiyoda Tokyo

2020: Award “InWatercolor” Kota Univ. Invited Artist, Done Demonstration

2020: Held Solo Show “Hard-Boiled018令和” in AMRITA Osaka, Japan

2020: Selected IWS (International Watercolor Society) Poland Ukraine 1-year-show

2020: Selected 10th Japan Institute Of Art Painting Contest.

 

2019-12: Selected Paris “Salon d’Automne” 6 times at Champs-Élysées.

2019-08: Selected Tokyo Metropolitan Art Museum” Japan Watercolor contest

To 17, 10 times selection & Selected Junior Member, From 18 Can show freely

2019 & 17: Selected "The Ueno Royal Museum Contest", Tokyo Japan

2019 & 17: Selected IWS Indonesia Watercolor Shows in Bali & Jogjakarta

2019 & 16: Awarded & Selected Bulgaria 2nd & 1st Watercolor Triennale

Travelling Bulgaria 1-year-show

2019 & 17: Selected IWS Albania Watercolor Biennale, National Historical Museum

2019-17: Selected Urbino Italy Watercolor Fest., Did Demo & Children Workshop

 

2018: Selected Invited Artist HH. Dalai Lama 83rd Birthday Party & Lecture

2018: Awarded 1st Malaysia Watercolor Biennale, Kuala Lumpur

2018: Selected IWS Costa Rica 1st Watercolor Biennale, San José

2018: Held Solo Show “The Game Changer” in ExaArt Osaka, Japan

(Omitted)

 

2014: Established IWASAKI Nagi’s Goal, below,

“Let us vision with the most brilliant Watercolors on earth,

And share our brightest Hopes with each another,

The shiniest Souls of one, of community, and of entire society,

Put together, shall achieve world's greatest Love there will ever be.”

(Omitted)

 

2017: Artist Declaration, since Selected 6th TIS Contest, Competitive Ratio 75 times,

THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

(Omitted)

 

2001: Graduated Kyoto City University of Arts or KCUA,

Selected Nakai Award for KCUA Graduation Art.Show